アップボウの弓先から弾く方法


アップボウ、しかもいきなり弓先から弾き始める場合、
空中から弓先に着地した弓がバウンドしたり、角度が変だったり
うまくいかなくて困ってる方。



いきなりアップボウの場合も
根元まで弾いた後に、空中で弓先まで戻して弾く場合も
空中で半円を描きます。



正確に言うと、楕円形の上の部分の半円です。
ひらめき 矢印の向きは、空中でダウンボウ→弓先への図です。
アップボウの弓先から弾く1 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室

   着地→→→→→→弓先へ空中移動→→→→→→根本



鏡で横から見て、いつも弾いている弓の軌道、
駒と指板の真ん中の軌道をまっすぐ
空中で移動します。
アップボウの弓先から弾く2 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
弓の毛を傾けず、弦に全部くっつけて着地すると
バランスが取れるので、ぐらつかないです。



右手の小指と薬指は必ず丸く、
弓にくっつけたままにします。
アップボウの弓先から弾く3 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
特に薬指は、弓がぐらつくのを防ぐ役割をするので
親指と薬指で弓の角度を固定します。



弓先で止まって、楽器の高さや腕の高さ、
弓の角度の感覚を覚えておきます。
アップボウの弓先から弾く4 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
いつでも頭の中で、その感覚を再現できるように
イメージします。



呼吸については、吸った方がいい人と
吐いた時にうまくできる人がいるので
どちらでも、都合がいい方で大丈夫です。



弓が着地する時に、音がしないようになるまで
感覚を覚えましょう。



どんな小さなことでも、何かわからないことがあれば
お気軽にご相談やご質問、いつでもお待ちしておりまするんるん (音符)

Copyright © 2014 ワイズ音楽教室, All rights reserved.