左手の親指の動き


手が小さい人も、指が短い人も、手に力が入ってる人も
早く弾けない人も、誰でも4の指まで自由に使える
左手の親指の形があります。



基本の1stポジションで、
その動きを細かく説明します。



1 (one)の指

これは誰でも届きますね。

左手の親指の動き1 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
親指の位置は基本、人差し指より前にズレてますが
親指と人差し指が同じ位置で1stポジションの音程が
正しく取れている人は、そのままで大丈夫です。



2 (two)の指

これもみんな届きます。

左手の親指の動き2 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
よ~く見ると、1の指の親指より、2の方が少しだけ

親指が楽器の頭の方へ回転しています。



3 (three)の指

2と3の間が開かない人は、左腕を身体の内側に入れて
手首の甲を外側に少し出し、親指をさらに少し回転させます。

左手の親指の動き3 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
2の指までは、親指のおなかの真ん中がネックに触れていましたが、

親指が少しずつ回って、楽器の頭の方を向く事によって
3の指では第一関節に近い所が触れる事になります。



4 (four)の指

さらに左腕を内側に入れて手首の甲を外側に出すと、
親指も回って、爪がネックに当たっています。

左手の親指の動き4 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
親指の第一関節が触れています。



人それぞれ、脱力できる形や速く弾ける形は違うので、
この形にしなくても問題なく弾ける人は
そのままで大丈夫です。




どんな小さなことでも、何かわからないことがあれば
お気軽にご相談やご質問、いつでもお待ちしておりまするんるん (音符)

Copyright © 2014 ワイズ音楽教室, All rights reserved.