身体に息が入る動き


プロの動画や音源を聴いていて、
演奏者の息の音が
聞こえる事がありますよね。
あれは曲に合った、自然な呼吸です。

呼吸しなさい、と先生に言われて
息を吸ってみたけど違和感がある、
みたいなのは、
身体の動きと合ってないので
弾く瞬間に息が止まってたりするせいです。

意識して呼吸をしていない瞬間に、
自然に空気が身体に入ってくる方法があります。



寝る前などリラックスしている時に、
普通にゆっくり息を吸って、吐いてみましょう。



吐く時に、軽くお辞儀するぐらい下を向きます。
身体に息が入る動き1 東京・中野・練馬・江古田ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
吐ききった瞬間、ちょっと間が空いてから

また吸い始めると思います。



そのちょっとした間、意識して呼吸していない瞬間に
頭を上げて前を向きます。



首がまっすぐになる瞬間ぐらいに
自分で息をしていないのに、わずかに空気が
入ってくるのがわかれば成功です。



自然に空気が入ってくる動きは、身体が伸びる時に多いです。



今度はまっすぐ前を見て、両手を前に出してみましょう。
身体に息が入る動き2 東京・中野・練馬・江古田ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
息を吐ききった瞬間に手を横に広げて、
胸を開いてみましょう。



わずかな息が入ってきましたか?
身体と呼吸が合う感覚がわかりますか?



意識していない演奏家も多いと思いますが、
ちょっとした間に、自然に空気が入ってくるのをきっかけに
無意識に動きと合った呼吸をしています。



どんな小さなことでも、何かわからないことがあれば
お気軽にご相談やご質問、いつでもお待ちしておりまするんるん (音符)

Copyright © 2014 ワイズ音楽教室, All rights reserved.