発音


これが毎回できるようになれば、
かなり上達したと言える技術です。



どんな時でも、弾く前には必ず
弦の上に弓の毛を置いてから始めます。



空中から弓の毛を滑走させて弾き始めたり
ぶつけて弾くと、弓がバウンドして乱暴な印象になり、
音の最初がはっきり聞こえないので
一拍目がどこか、リズムもよくわからなくなります。



まず空中に円を描いて、上から弓の毛を弦に乗せます。
発音 東京・中野・練馬・江古田、ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室
乗せるだけ、ギュッと押しつけたりしません。

まだ弾かないです。

乗せたら弓が軽く感じるのを確認します。




弓の毛が弦に乗る瞬間、雑音がしなくなるまで
この練習をします。



できるようになったら、弓の毛が弦に乗った瞬間
弓を横に動かして弾いてみましょう。



音の最初の立ち上がりがはっきり聞こえて
とても綺麗になります。



短い音も、休符の後も
まず弓を弦に置いてから弾き始めましょう。



どんな小さなことでも、何かわからないことがあれば
お気軽にご相談やご質問、いつでもお待ちしておりまするんるん (音符)

Copyright © 2014 ワイズ音楽教室, All rights reserved.