トリルの音をはっきり出す方法


3と4の指でトリルとか、速い所で
特にヴィオラでは音が曇ります曇り



かなり速いテンポで弾く時は
重音を弾く時みたいに指を立てると
音がはっきり聴こえます。
トリルの音をはっきり出す方法1 東京・中野・練馬・江古田・ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室

弦に当たる指の面積が少ないので
狭い接地面に重さが乗って、鋭い音になります雷



指を立てた所を横から見てみましょう。
トリルの音をはっきり出す方法2 東京・中野・練馬・江古田・ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室

半音の幅もきっちり埋まります。



特に3と4の半音も取りやすく、トリルもはっきり聴こえて、
隣の弦にもかすらず、指がもつれる事がなくなります。



そのままヴィブラートを細かくかければ
遠くまで聴こえます。



ゆっくりなテンポでは、比較的指を寝かして取ると
柔らかいお肉が広い接地面にふわっと乗って
優しい音になります。
トリルの音をはっきり出す方法3 東京・中野・練馬・江古田・ヴァイオリン・ヴィオラ

ヴィブラートもかけやすく、細かい音程も
指を立てるのと比べると、そんなに気にならないです。



指を寝かし気味にした所を、横から見て見ましょう。
トリルの音をはっきり出す方法4 東京・中野・練馬・江古田・ヴァイオリン・ヴィオラ・音楽教室

ゆるいヴィブラートをかければ、とても優しい音になります。



テンポによって指の角度を使い分けられると
それだけでも音質を変えられます。



どんな小さなことでも、何かわからないことがあれば
お気軽にご相談やご質問、いつでもお待ちしておりまするんるん (音符)

Copyright © 2014 ワイズ音楽教室, All rights reserved.